人は自分の知識と経験を基準に判断する

※思考力が低下し続けていますが、何とかブログを続けているダブルです。長時間かけて文章をまとめて、何とか書いている状況です。症状は悪化の一途を辿っているので、おそらく、その内、ブログもまともに書けなくなると思います。最近、ブログ更新が多いのは、このためです。


2010年、レーシック後の目が絶好調だったとき、中国語を勉強し始めたのもあって、友達と上海万博に行った。その後、友達は帰国して、自分だけ一人で黄山や南京にローカル電車(火車)で行って観光した。


帰国後、会社の人に「南京大虐殺」の記念館も見てきたことを話したら、「大丈夫だったか?」「後ろから刺されなかったか?」と言う人が複数いた。
そのときは、反日運動が盛んなときで、TVの報道では、暴動が起きていたりして、確かに中国は危ないイメージがあったかもしれない。
しかし、自分が旅行に行ったときは、微塵もそんな危険なことはなく、至って安全な場所だった。TVで報道されていたのは極一部分の話だと思った。


ここで重要なのは、私が「安全だった」といくら説明しても、回りの大半は全く信じてくれなかったことだ。


そのときに「ああ、人は分からないことを判断するときに、自分の知識と経験のみを基準に判断するのだな」とつくづく思った。



話は私の症状に戻って、今も、会社ではストレスが原因だと決めつける人がやたら多い。根本原因が別にあるのに、いくら説明しても理解されない。
もちろん、ストレスが原因ということであれば、仕事に復帰するときに説明しやすく、私の会社での進路への影響が少なくなるという配慮もあると思う。
後遺症だと、半分障碍者のような形になるため、会社では、不都合が多いはず。
もちろん、それは分かってはいるけど、多分会社に復帰する事はできないので、関係無い話だろう。だったら本当の事を分かってほしいと思う。


なぜか、悪化の一途を辿る。しかも、ゆっくりと言いつつも、自分としてはけっこうスピードが速い。この点は他の難民の方達と少し異なる点だと思う。


レーシック後遺症は今までの経験とか常識は通用しない、全くの別次元。未知の世界だ。現に私の症状もほとんどが経験したことがない症状であり、一年前の自分が聞いても、全く理解できなかっただろう。


おそらく会社の人も同様で、「見た目は普通だし、病院に行っても異常が無いのだったら、ストレス等の精神的なものしか今まで聞いたことがない。だから当然ストレスでしょ。今まで何の問題も無かったんだし。」と思うのは無理のないことだろう。


ただ、慢性的に続く苦痛で、これよりも苦痛なことが直ぐに思い浮かばない。
普通の怪我や病気であれば、それが重度のものでもほとんどは時間とともに回復または和らいでいく。
しかし、レーシック後遺症の場合は、元々回復しない角膜の角膜実質という部分を焼き削ってしまっているので、自然治癒しない。しかも、なぜか、ゆっくりと悪化の一途を辿る。


本当に自分の症状を超える苦痛・苦難が思い浮かばない。変な妄想をしてしまった。


普通の状態を基準として、以下の二者択一のどちらかになる場合、私個人の妄想としては、


・両足切断 vs 今の私の後遺症
→両足切断を選びます。
理由:車椅子生活の不自由な障碍者となりますが、人間らしく生きることができることと、仕事も続けられることです。圧倒的に両足切断ですね。


・両腕切断 vs 今の私の後遺症
→悩ましいですが、両腕切断を選びます。
理由:仕事はどちらもできなくなりそうなので互角ですが、やはり人間らしく会話をすることができますからね。神経と脳がまともな方が良いです。痛み・吐き気・目眩・耳鳴り・全身症状から解放されるのもありがたいです。健康だった目もほしいですね。


・完全盲目 vs 今の私の後遺症
→これはどちらが良いか分かりません。
理由:同じ目に関係するのに、症状が全く異なっており、別次元だからです。今の苦しみから解放されるなら、一瞬完全盲目もありかと思いますが、やはり失明は恐怖です。まあ、角膜メルトダウンも失明しないまでも進行してますから、恐怖ですが。

レーシック難民は、数千人以上?

今日、国民生活センターの消費者ホットライン(188)に電話して、自分の被害状況を報告した。


188に電話すると、自分の住所の郵便番号を入力するように指示され、自分の住所のある市役所の国民生活センターにつながる。


そして、被害内容を口頭で伝えると、市役所の担当者によって、PIO-NET(パイオネット)という全国消費生活情報ネットワーク・システムに、被害内容が自由記述の文章で保存される。


個人ができることはここまでだそうだ。


僕としては、働けないレベルになってしまったので、
事故情報データバンクシステム(「検索条件の変更」⇒「フリーワード:レーシック」で「検索」)
http://www.jikojoho.go.jp/ai_national/search/search.do

に危害情報として登録をお願いしたかったのだが、事故情報データバンクシステムに登録するか決めるのは国側の担当者なので、市役所の担当者は何もできないらしい。


ただし、PIO-NETに登録しておけば、国側の担当者の目にとまることもあり、事故情報データバンクシステムに登録される可能性もあるとのこと。


ここで、事故情報データバンクシステムのレーシック危害情報は200件前後しかなく、実際よりも少なすぎるのではないか、という疑問が少し解消した。


危害を受けた者は、それがどれだけ重篤であったとしても、国に直接報告することはできず、
・市役所の担当者に電話で報告⇒担当者が電話で聞いた内容をPIO-NETに自由記述で登録
・国側の担当者の目にとまれば、事故情報データバンクシステムに登録される可能性もある


どれだけ病院を回っても「特に異常無し」「原因不明」と言われる患者の内容がPIO-NETに登録されたところで、事故情報データバンクシステムに登録されるのは、一部だということだ。


仕事や生活に支障をきたすレベルのレーシック難民の数は、200人どころではなく、数千人以上いることが予想できる。


そして、長期経過後に難民化する人が他にも出てくると思うので、今後、難民の数はさらに増加することが予想される。


(参考)レーシック難民は、数千人ほどの数にのぼると言われています。
http://www.marumaru-club.com/hp/base/base-refugee.html

今日は命日

昨日が仕事の最終日で、ついに今日から長期休暇に入ってしまった。

がんばってきたのだけど、力尽きてしまった。

自分としては何とか会社を休まずにがんばってきたけど、誰も褒めてはくれなかった。

本当、辛さ的には常時39℃前後の高熱レベルなんだけどね(特に朝がしんどい)。人と会話するときは神経がまぎれて少し楽になる。人からは「元気そう」「いつもと変わらない」とよく言われた。

昔の自分はもっとおしゃべりだったし、もっと面白い話をたくさんしていたはずなのに、会社の人はほとんど誰も覚えていなかった。


大学生の頃、大好きだった人がいた。出会ったときは、同じサークルの後輩で一緒に帰って本山のミスドに寄った。知り合いが入ってきたときは、『どうする?「A.話しかける」「B.逃げる」』と聞いたら、彼女は『「C.かくれる」ふふ』と選択肢に無い回答を言って、ドーナッツの粉が少し舞った。帰り道、名駅で彼女は「気になっている人がいる」と言ってきた。僕は別の人のことだと思って聞きたくなかったので「勝手にすれば。」と答えた。その後、彼女の心は離れていった。

それから9ヵ月後、僕から長島スパーランドに行く約束をした。「中高生が春休みに入る前の混まない日に行こう」と約束していた。しかし、彼女は2000年3月17日に交通事故に合い、3月21日にその約束を果たすことなく亡くなった。

彼女の葬式に行ったとき、妹が待っていた。妹が「あれ、思っていたよりも小さい。でもルックスだけならいっていましたよ!」と言ってきた。ちょっと(かなり)ムカついたけど、あのときの彼女の「気になっている人」は自分のことだったと知った。


亡くなってしまった人と話がしたいのに、どうしてもできない、自分の無力さを知った・・・


彼女の家族の悲しみはとても深く何年経っても消えなかった・・・


知っているよ。僕は。残された人たちの悲しみを・・・

頭の中が弱火でコトコト煮込まれるシチュー状態

自律神経の暴走が止まらない。

頭部に小さな心臓があるかのような脈動がドクドク四六時中常に続いている。

頭の中が弱火でコトコト煮込まれるような奇妙な感覚。

頭部にアイアンクローをかますミミズがウヨウヨいるし。

全身各部位にランダムで発生するぴくぴくピクつき。

顔面と頭部がピリピリ痒い。

シチュー状態の頭では深い思考はできない。

もう、脳が「暴れん坊神経」に支配されているようだ・・・

音が痛い

耳の異常も日々クラスアップしてきている。

異常が出始めた頃から順に、

・高い音が響くが耳鳴り無し⇒単音の耳鳴り⇒三重奏の耳鳴り

⇒今は4~5重奏の強い耳鳴りで、高くない音でも響く。高い音は大きいと別の割れた音も聞こえてしまう。

この4~5重奏の中で、3つか4つの音は、音程が一定のシーン/キーン/ピー/シャーなどの音。セミの鳴き声ではないけど、鳴り続けてうるさい。人と会話しているときも鳴り続ける。残りの1音は、音程がコロコロ変わる音。ダイヤルアップ接続音ではないけど、なんか変な音。この音は新しい。

そしてさらに、最近は、音が無くても耳の奥が痛いことがあるけど、大きな音がすると、耳の奥の痛みが増す。音で痛みを感じる身体になってしまったようだ。

今日も会社で昼休みの掃除のときに掃除機の音が響いて痛かった。今、キーボードのEnterキーを打つ音も痛い。

実は、たまに目が火傷のように痛いときがあるけど、目の痛みよりも、頭や、耳の奥や、胸の奥の痛みの方が辛い。

今キーボード打っている指の骨の中の神経もなぜか痛い。目も動かしにくく、揺れてしまう。

なんか、先輩の難民の方を追い抜いてしまったのかな・・・

仕事は楽しい

今日(2019/3/14)も朝からしんどかったけど、会社に行って、仕事をするのは楽しかった。

本当はもっと続けたかったのだけど、目と神経が限界を迎えて、続けられないと思った。

夕方、同僚の先輩と笑い話したときは、昔の健康だったときのことを少しだけ思い出して、楽しかった。

老後も働けるように、国家資格取得したし、英語、中国語も毎日勉強していたのだけど、それも意味なくなってしまったかな・・・

ちなみにレーシック後遺症で2018年5月から文字を読むのが苦痛になり、英語、中国語の勉強もできなくなった。ビジネス雑誌も複数講読していたけど、一切読まなくなった。

眼球を摘出したら治るか?

友達に自分の症状を話したら、真剣に色々調べてくれて、でも解決案がなかったようで「両眼摘出したら今の症状が治る確率はあるか?」という質問が来た。

 

今の症状は治る可能性はあるかもしれないけど、さすがにそこまでする事は考えていなかったし、両眼摘出してくれるところも無いので、無理だと思う。

 

ただ、バッジョさんのブログで、十数年以上経過後に後遺症を発症した人から「目玉を取りたい」と相談があったことが書かれていた。
http://roberutobajjio.hatenablog.com/entry/2014/07/30/192843

 

それを見たときは、私の症状はそこまでひどくなかったので、大事な目を取ってしまったら何も見えなくなるのに、何をおかしなことを言っているのか、全く意味が分からなかった。

 

でも、恐ろしいのは今の私はその事が理解できてしまう。視覚以外の異常の方が辛いので、そのような選択肢も無いことはないと・・・

 

ただ、そこまでするくらいだったら、海外での角膜移植の可能性を考えた方が良いと思った。

 

でも、この場を借りて感謝するよ。心配してくれてありがとうね。